Date By すぎうら

「クリスマスにテニスラケットをもらったんだよ。待ちきれなくて」。隣のコートにやってきたプレーヤーが笑いながら話しかけてきました。冬のこんな時期だし、前日の雨でコートはまだ生乾き。お互い物好きだよね、とでもいいたそうな顔。

ラリーを続けながら横見で様子をみていると、コートにうっすらと残っている水たまりを大きなタオルでぬぐっています。こりゃ相当なテニス好きに違いない。

やがて隣から小気味よい打球音が聞こえてきました。あー、やっぱりかなりやっている人たちなんだと納得。新丁ラケットの男性も上手だったけれど、相手の女性はさらにうまかった。白人としては小柄ながら、スイングもそこから放たれる打球もパワフル。そしてなにより足さばきが軽やか。

ラリーを終えベンチで一休みしていると、その日一緒に打っていた友人も「子供の頃からやっているんだろうな、フットワークが違う」とお隣さんにしきりに感心している様子です。

僕もきちんと足を動かすようにしているつもりなのですが、なかなか身に付かないんですよね。ちょっと疲れたり、なにかに気を取られているとすぐに止まってしまう。どうも足は常に怠けたがっているみたいです。

そういえば僕の足の動きが拙いのはテニスだけではなく仕事への取り組みにも言えそう。懸命に動かしていたかと思えば、しばらくぱたりと動きが止まってしまうことも。

今年の僕のテーマはテニスも仕事もフットワークの改善。日頃からリズムよく足を動かし良いフットワークを育てたい。軽やかなギャロップで2014年を駆け抜けることができたらさぞ気持ちよいに違いありません。